アジア女性自立プロジェクト – 「Share the Hope」

特定非営利活動法人 アジア女性自立プロジェクトーAWEPとは?

アジア女性自立プロジェクトは、アジア女性のエンパワメントに取り組む団体です。

人やモノ、情報が国境を越えて行き来するグローバル化を背景に地域間の格差が広がるにつれて、生まれた地を離れ移住する人びとが増加しています。サービス産業や製造業の発展による労働の女性化により、アジア地域の女性の移住もよくあります。

そのような中、女性はジェンダー差別や家父長制が存在する社会において、暴力や搾取にさらされています。日本においても、アジア女性の労働搾取や性的暴力の実態が指摘され、また日本人の父親による養育責任の放棄によって、社会的、経済的に不安定な母子も多く存在しています。

アジア女性自立プロジェクトは、アジアの移住女性が自らの望む生活を送ることができるよう、1994年より活動を始め、アジアの移住女性が出身国で経済的基盤を築くためのフェアトレードを中心とした仕事づくりを続け、当事者の個別の課題が改善されてきました。しかしながら、アジア女性に対する蔑視が根底にある搾取や暴力は、いまだ根強く存在しています。

彼らは、個別の問題解決に取り組むとともに、社会構造を変革していくため、女性たちと連帯、協力し社会への働きかけを強めています。そのため、経済的安定、地域や国境を越えた女性の連帯とネットワークの強化、女性が主体的に行動できる社会づくりを活動の柱とし、経済的安定に関しては、出身国でのフェアトレードによる収入創出や就業の促進を中心とします。

そして、先月4月25日(土)に発生した「ネパール大震災」のためにAWEPのフェアトレードのカウンターパート団体である人身売買被災女性の支援団体「シャクティ・サムハ」および農村女性の仕事作りを行う「KABW」など、女性支援団体に送る緊急募金・支援『Share the Hope』を開始し、是非みなさんのご協力とサポートのご支援をお寄せいただけたらとBRIDGE-FRPスタッフ一同が思い、ご紹介をさせていただいてます。

彼らの活動や今回の緊急募金プロジェクトについて詳しい情報は下記のリンクにてご確認頂けます。

AWEP Offcial Website: http://tcc117.jp/awep/

Share the Hope活動情報:https://www.facebook.com/awepsharethehope?ref=hl

『Share the Hope』ー カウンターパート緊急募金・支援活動

<<募金受付口座>>

下記のいずれかの口座からお振込ください。通信欄に「ネパール地震女性支援募金」と明記ください。

■郵便振替口座 アジア女性自立プロジェクト 01150-4-4234

■ゆうちょ銀行 店名四三八 店番438

番号 3111461 アジア女性自立プロジェクト

*ゆうちょ銀行にお振込みの方は、よろしければお名前、ご住所をメールで事務局(awep@tcc117.org)までお知らせください。領収書などをお送りいたします。

★アジア女性自立プロジェクトは、アジアの女性たちが暴力や搾取を受けることなく、自らの人生に尊厳を持ち、主体的に生きることのできる社会の創造を目指します★

BRIDGE-FRPコメント:

「2011.3.11。4年前に私たちも東日本大震災に追われ、大事な愛する人々を失ったり、家、土地、仕事などを失い苦しい思いや悲しい思いをすることになり、未だに心に深い傷が残っていて立ち直るのに大変な思いをしている方がいるのも否定できません。しかし、少なくともここまで復帰することが出来てきている一つの理由といえば、当時の様々な外国から送られてきた大きな支援があったからだとも思います。東北も完全に復帰するのにまだまだサポートを必要としていますが、まずは緊急状況にいるネパールの人々を助けてあげましょう!BRIDGE-FRPをサポートし続けて頂けてるみなさん、Share the Hopeへ向けてご協力とご支援を心より宜しく申し上げます。」

Share: