「WE DID IT!!」★ 認定NPO法人フローレンス★

★目標達成★

去年の6月から「認定NPO法人フローレンス」に対し、基金募集開始してからあっという間に1年と数ヶ月が経ちました…

報告のお知られせが遅くなってしまいましたが…

なんと、

今年の4月末に認定NPO法人フローレンスに目標金額の¥1,200,000−の寄付が無事に達成できました!

今回の寄付は下記のようなことに使途され、オープン前の出来立てのころに見学に参りました。

★今年の7月にオープンされた2園目のヘレンである「障害児保育園ヘレンすがも」の開園

★保育で使用するおもちゃや、療育で使用するカラフルなグッズ、そして医療機器などの購入

 

img_7754img_7744

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の場所となるすがもでは、障害児保育園ヘレンと4月にオープンされた「おうち保育園」というフローレンスが手がけるもう一つの保育園が同じビルで同階に入ってます。というのは、彼らの言葉をそのまま使用し、

「障害のある子とない子がいっしょに育つ保育現場」

ヘレン荻窪とは違って、「インクルーシブ」(包括的な・包み込む、と言った意味の英語で、年齢や障害の有無等を問わず様々な背景を持った子ども達が一緒に育ち合う環境のことを指す)という保育を実施しており、すでに開園してからヘレンの子どもたちの”感情表現が豊かになっていたり、自分でやってみようという意思を持って手や足を動かす様子が見られるようになった子もいる。保育者に見守られながら、たくさんの友達と関わることで、子どもは大人の想像を超えて成長していきます。”(認定NPO法人フローレンスウェブ記事を参考)(ワード:インクルシーブについてこちらをクリック)

第1園のヘレン荻窪を始め、第2園の障害児保育園ヘレンを無事にオープンできましたが、まだまだ保育園に入園できてない障害児はたくさんいて、そのため仕事ができなくて困っている親子もたくさんいます。

フローレンスは、この問題に悩む親子たちのために信用できる場所に自分の子どもを預け、安心して仕事ができる環境作りに必死です。もっとたくさんの障害児保育園をオープンする予定はありますが、私たちも協力しないとなかなか改善しない社会問題です。”自分には子どもがいないから…”とか、”自分一人が寄付しても何も変わらない…”など、そんな考えは捨ててください。社会の大きい変化は一人のやる気から始まり、そのことを周りの人たちに伝えることで広がります!

 

*認定NPO法人フローレンスについて詳しい情報はこちらをクリック

*障害児保育園ヘレンについてはこちらクリック

*おうち保育園についてはこちらをクリック

Share: